フィリピン

【初心者向け】フィリピンに家族で渡航する際のおすすめの航空会社と便利な銀行カード

おすすめの航空会社JAL

こんにちは。雑記ブロガーのサノブです。

本記事では国際結婚歴7年目、フィリピン渡航歴5回目のわたしが家族でフィリピンに行く時に利用しているおすすめの航空会社と利用してみて便利な銀行カード等を紹介します。

フィリピンに行く時におすすめの航空会社

おすすめの航空会社JAL

利用している航空会社は?

わたしはJALを利用します。

理由はスタッフの対応がよく、荷物も丁寧に扱ってくれるからです。

格安航空は荷物の扱いが悪く、たまにフェイスブック等に荷物を抜かれて困っている・泣いている人の投稿があり最悪です。

料金は高くなりますが、日本の航空会社を利用したほうが安心で絶対にいいと思います。

チェックインカウンターでオススメな方法は?

JALカードCLUB-Aカードを取得する。

カード年会費10,800円

家族会員3,780円

会費はかかりますが、ビジネスクラスのチェックインカウンターでチェックインできます。

エコノミークラスのチェックインカウンターはタイミングが悪いと長蛇の列が・・・

JALを利用する方にはおすすめのカードです。

JALスタッフのおもてなし感動体験談

ニノイアキノ国際空港

フィリピンから日本へ帰国する際、チェックイン時に妻の体調が急に悪くなりました。

すぐにJALスタッフが体調検査に行くため車椅子に妻を乗せドクターのところへ連れて行ってくれました。

原因は偏頭痛。症状は嘔吐とめまい。(正直なところ飛行機に乗れないのかなーっと思っていた)

そのまま搭乗口へVIP待遇で車椅子に乗せて連れて行ってもらいました。

搭乗時間を待っている間もグランドスタッフが随時気にかけて声かけをしてくれます。搭乗時間になったら一番に乗せてもらい飛行機の中でも気にかけてもらいました(妻は紙袋に嘔吐しまくり)。

 

成田空港に到着した際も一番に降ろしてもらいJALスタッフの人が妻を車椅子に乗せ、VIP待遇で全ての手続きを簡素にしていただき出口まで案内していただきました。

成田空港で利用している駐車場

成田空港へはいつも自家用車で向かいます。

車で行く理由はフィリピンへのお土産の荷物がたくさんあるからです。

駐車場は、いつも利用している成1パーキングさんにお願いします。

駐車料金10日間で1万円現金払いです。(お得なキャンペーンをやってる時があるので要チェック)

出発時は、酒々井サービスエリアで電話連絡をすると出発ロビー前で車を引き取ってくれます。

帰国の際は、入国検査終了後に電話連絡をすると出発ロビー(高速道路の入り口に近いため)に車を持ってきてくれるので便利でオススメです。

フィリピンで便利に利用できる銀行系カード

フィリピンで使えるおすすめのカード

わたしがフィリピンでは現地通貨を持ちません。

理由は言葉が話せないので支払いができないからです。英語もタガログ語もほとんどわかりません。(勉強中)

クレジットカードも使えますが使用時にIDカードの提出を求められる時があります。日本の運転免許証を見せた時ががありますが英語表記になっていないので困惑されます。

 

だからわたしはジャパンネット銀行のデビットカードを使用しています。

使い方は日本でお金を預入して、ジャパンネット銀行の残高確認アプリをインストールするだけ。

料金支払い時は、レジでデビッドカードで支払うと伝えカードを提出し、暗証番号を入力するだけです。

レシートにサインを求められることはほとんどなかったです。

デビットカードを使用するとアプリに通知が来て残高確認ができます。

支払い時に現地通貨ペソか日本円で支払うか聞かれるので、現地通貨ペソで支払うようにします。

現地のATMで現地通貨ペソでお金を出金することもできます。

まとめ

おすすめの航空会社は料金が高くなりますがJAL、ANAをすすめます。

日本の航空会社はスタッフの対応がいいので間違いないです。あと飛行延期の際の対応も良いです。

銀行系カードはデビットカードが使えるところを選べばOK。クレジットカードはスキミングの心配もあるので使わない方がいいかな・・・。

ついでに駐車場は成1パーキングさん推しです。

ちなみに2020年8月にフィリピン行きのチケットを予約しましたが、コロナウイルスが早く収束してくれるのを祈るばかりです。

おすすめの情報が増えたら追記します。

本記事が、安心安全に家族でフィリピンに遊びに行こうと考えているあなたの参考になれば幸いです。

最後までお付き合いありがとうございました!

【2019年体験談】海外旅行時に猫のためにペットホテルを利用したので紹介

【最新版】フィリピン人女性が日本人の配偶者で永住ビザを取得する流れを経験者が語る